君の夢を見つける、県立学校検索サイト 探そマイスクール
水産科の特色
総合学科 国際教養科 スポーツ科学科 美術科 音楽科 福祉科 衛生看護科 家庭科 水産科 商業科 工業科 農業科 普通科

県立高等学校 水産科 概要 学校一覧

海洋科学科、情報通信科、海洋資源科、水産食品科を三谷水産高校に設置しています。

1 水産教育の目標
 水産や海洋の各分野における生産や流通、環境などに関する基礎的・基本的な知識と技術を習得させ、水産業及び海洋関連産業の意義や役割を理解させるとともに、水産にかかわる諸課題を主体的、合理的に解決し、関連する産業の充実と社会の発展を図る創造的な能力と実践的な態度を育てます。

海洋の生物資源を生産するための知識・技術として、漁業、漁船運航、漁船機関の取扱いや情報通信などについて学習します。
沿岸の海面及び湖沼、河川などの内水面に生息する有用な水産動植物の増殖・養殖やバイオテクノロジー・海洋環境の保全について知識・技術を学習します。
水産物を主な原料とした水産食品の製造加工、流通、消費に関する知識・技術を学習します。



2 学科の目標

学科名 学科の目標 主な資格取得等
海洋科学科 海洋漁業コース 水産生物の生理・生態や漁具・漁法、漁船の航海・運用や海事法規などの知識と技術を習得させるとともに、実習船による近海・沿海航海実習により、漁業・航海に関する総合的・体験的な学習を行う。 五級海技士(航海・機関)の国家試験(筆記)免除
一級小型船舶操縦士
海洋工学コース 船用ディーゼルエンジン、発電機、ボイラ、冷凍機などの構造及び取り扱い、機械設計、海事法規などに関する知識・技術を習得させるとともに、実習船による近海・沿岸航海実習を通して、船舶機関の総合的、体験的な学習を行う。
情報通信科 情報通信に関する基本的な理論と実技、情報・通信機器の理論と取り扱い及び電気通信に関する法規などを習得させ、広く情報・通信業務に従事する技術者としての能力と態度を育てる。 第三級総合無線通信士の国家試験の一部免除
第二級海上特殊無線技士
第二級陸上特殊無線技士
海洋資源科 栽培漁業コース 海洋、湖沼、河川等に生息する魚類、貝類及び藻類の生態、増殖・養殖・バイオテクノロジーなどに関する知識と技術を習得させ、栽培漁業に必要な能力と態度を育てる。 小型船舶操縦士
潜水士
海洋環境コース ダイビングの技法を取り入れた海洋環境調査や、魚類、底生生物、プランクトン等の分類に関する知識と技術を習得させ、海洋環境の保全に必要な能力と態度を育てる。
水産食品科 水産物を中心とする食品の製造方法をはじめ、食品の検査方法、食品衛生、製造用機器の取り扱い及び流通・販売などに関する知識と技術を習得させ、それらの業務に従事する技術者としての能力と態度を育てる。 2級ボイラ技士
第3種冷凍機械責任者
危険物取扱者
(注)各学科の募集人員は40名です。コースは、それぞれ20名で第1学年から分かれます。(平成29年度)

3 専攻科
 高校卒業後の2年間を修業年限とし、専門性の高い技術者の養成と国家試験の資格取得を目的としています。
 専攻科(海洋技術科)には、航海コース、機関コース、情報通信コースがあり、それぞれ海洋科学科、情報通信科に対応して設置されています。


前へ トップページへ このページのトップへ 次へ