君の夢を見つける、県立学校検索サイト 探そマイスクール
定時制課程


公立高等学校 (定時制)の入試制度

定時制課程は、働きながら学んだり、自分のペースに合わせて学びたい人などに対して、学びやすい学習形態が設けられており、入学者選抜についても全日制課程とは異なる内容で実施されています。学習形態によって夜間定時制、昼間定時制の課程があります。
全ての定時制課程における募集人員を前期選抜分と後期選抜分に分け、それぞれ入学者選抜を行って合格者を決定しています。
なお、定時制課程前期選抜は、全日制課程一般選抜及び通信制課程前期選抜と併願することはできません。


出願

前期選抜、後期選抜のそれぞれについて、1校1学科に限り出願できる。


出願書類
・入学願書……県内の中学校又は出願先の高等学校において配付(県外からの受験者等は高等学校教育課で配付)
・調査書……愛知県教育委員会が定めた様式に基づいて、出身中学校長が作成
・自己申告書……中学校の第2学年、第3学年のいずれかの学年又は両方の学年における欠席日数が年間30日程度以上の入学志願者のうち提出を希望する者(自己申告書A。なお、30日程度以上の欠席日数には、保健室登校等で出席扱いとされている日数も含めることができる。長期欠席者等にかかる選抜方法の適用を申請する者は自己申告書Aを必ず提出する。)、また中学校から受検上の配慮に関する申請書を提出する志願者のうち提出を希望する者(自己申告書B)のみ


書類の提出
定められた期間内に「入学願書」、「調査書」、「自己申告書(提出を希望する場合のみ)」及び入学検定料(出願先の高等学校が県立である場合は、愛知県収入証紙を入学願書の定められた箇所に貼付)を志願先の高等学校へ提出



入学検査の内容

作文及び面接を実施。学校によっては、さらに「基礎学力検査」を実施。

・基礎学力検査
中学校の国語、数学及び外国語(英語)の学習内容についての基礎的な学力を検査するもの

・作文
与えられたテーマに基づき記述するもの

・面接




合格者発表

全ての高等学校が、定められた日時に発表すると同時に、出身中学校長及び本人に通知
なお、前期選抜の合格者は、定時制課程後期選抜及び通信制課程後期選抜に出願することはできない。

 

詳しい情報へGO!
 
前へ トップページへ このページのトップへ 次へ