君の夢を見つける、県立学校検索サイト 探そマイスクール
県立特別支援学校への入学

概要

1 特別支援学校の教育
 障害のある幼児児童生徒については、その障害の種類や程度等に応じて、特別な配慮のもとに、より手厚く、きめ細かな教育を行い、一人一人の可能性を最大限に伸ばし、自立と社会参加を実現していく必要があります。
 特別支援学校には小学部、中学部のほか、学校によっては幼稚部、高等部も設置されています。特別支援学校は盲学校、聾学校、知的障害特別支援学校、肢体不自由特別支援学校、病弱特別支援学校に区分されています。
 また、特別支援学校の児童生徒と小・中学校、高等学校の児童生徒や地域社会の人々との交流及び共同学習が行われており、児童生徒の豊かな人間性を形成するとともに、地域社会の人々の障害のある児童生徒に対する理解を深めるなど、参加するすべての人々にとって有意義な活動として、さまざまな取組がなされています。



2 学校の種類
〔盲学校〕
 視覚に障害のある方のための学校です。県内に2校あり、幼稚部から高等部まで設置しています。高等部には、専攻科も設置されており特色ある職業教育を実施しています。

〔聾学校〕
 聴覚に障害のある方のための学校です。県内に5校あります。幼稚部から高等部までの一貫教育を実施しています。そのうち1校は、幼稚部・小学部を設置しており、1校は、中学部・高等部を設置しています。また、専攻科を設置している学校も1校あります。

〔知的障害特別支援学校〕
 知的障害のある方のための学校です。小学部から高等部までの一貫教育を実施しています。県立の13校のうち幼稚部も設置している学校が1校、高等部のみの高等特別支援学校2校、分校2校があります。ほかに、分教室1教室があります。加えて、名古屋市立養護学校が5校(うち分校1校)、豊橋市立特別支援学校が1校、愛知教育大学附属特別支援学校が岡崎にあります。

〔肢体不自由特別支援学校〕
 肢体不自由のある方のための学校です。小学部から高等部までの一貫教育を実施しています。県立の7校のうち幼稚部も設置している学校が1校あります。県立のほかに豊田市立豊田特別支援学校1校と瀬戸市立瀬戸特別支援学校が2校(うち分校1校)それぞれ1校あります。

〔病弱特別支援学校〕
 慢性疾患等のため継続して医療や生活規制を必要とする方のための学校です。県内に1校設置し、小学部から高等部までの一貫教育を実施しています。



県立特別支援学校
区分 学校数
盲学校 2
聾学校 5
知的障害特別支援学校 13
肢体不自由特別支援学校 7
病弱特別支援学校 1
合    計 28
(知的障害の学校数には校舎2校を含む)


3 教育の内容等
 特別支援学校は小・中学校等に準ずる教育を行うとともに、児童生徒が障害による生活や学習上の困難を改善又は克服するために必要な知識、技能、態度及び習慣を養うことを目的としています。このため、個々の児童生徒の障害の状態や発達段階、特性等を考慮し、少人数による学級編制、障害に配慮した教育課程編成など、様々な工夫と配慮のもとに「生きる力」をはぐくみ、自立と社会参加に必要な力を培う指導が行われています。
 また、特別の教育形態として、訪問教育と施設内教育があります。

〔訪問教育〕
 障害が重く、通学して教育を受けることが著しく困難な児童生徒のために、特別支援学校の教員を家庭または医療機関に派遣して教育を行うものです。

〔施設内教育〕
 児童福祉施設に入所、または医療機関で継続して療養する児童生徒のために、特別支援学校の教員を関係諸機関に派遣して教育を行うものです。



4 資格取得等
 高等部本科を卒業した場合、高等学校卒業に準じた資格が得られるとともに、盲学校の保健理療科では、あん摩マッサージ指圧師の国家試験受験資格が得られます。
 盲学校の専攻科を修了した場合、保健理療科であん摩マッサージ指圧師、理療科であん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の国家試験受験資格が得られます。



5 入学を御希望、御検討される方へ
 特別支援学校への入学を御希望、御検討される方に対しては教育相談を実施しています。詳しくは各学校のホームページを御覧ください。

詳しい情報へGO!
 
前へ トップページへ このページのトップへ 次へ