君の夢を見つける、県立学校検索サイト 探そマイスクール
奨学金制度

奨学制度の概要

高等学校等で学ばれるみなさんの経済的負担を軽くし、修学を容易にするためにさまざまな奨学制度が設けられています。
愛知県の行っている奨学制度は、次表のとおりです。なお、各奨学制度の申し込みは、在学校を通じて行います。


名称 対象 条件 貸付額
愛知県高等学校等奨学金
※下記の詳細をご覧ください。
親権者又は未成年後見人が県内在住で、高等学校・専修学校高等課程に在学する方 所得が一定条件以下の方
※下記の詳細をご覧ください。
国公立校
月18,000円(自宅通学)
月23,000円(自宅外通学)
私立校
月30,000円(自宅通学)
月35,000円(自宅外通学)
愛知県高等学校定時制課程及び通信制課程修学資金 県内の高等学校の定時制課程又は通信制課程に在学している方 ・経常的収入を得る職業に就いていること
・経済的理由により修学が困難で、所得が一定額以下であること(年収279万円以下)
月14,000円
※卒業時に返還免除



平成29年度愛知県高等学校等奨学金の御案内

 この奨学金は、修学に経済的支援を必要とする方に対し、奨学金の貸し付けを行うものです。
 貸付を希望される方は、在学している各学校に申し込んで下さい。(受付は5月中旬〜6月上旬頃)



1奨学金の概要
(1) 貸付額(カッコ内は返還期間)
区分 月額
国公立校 自宅通学 18,000円 (10年) 11,000円 (6年)
(左記の月額とどちら
かを選択できます)
自宅外通学 23,000円 (10年)
私立校 自宅通学 30,000円 (12年)
自宅外通学 35,000円 (12年)
※無利息。貸付金は、8月、12月、2月の月末に、奨学生本人の口座に振り込み

(2) 返還

卒業して半年後、上記カッコ内の期間で返還(原則月賦、半年賦又は年賦の均等返還)
※卒業後も、大学、専門学校など他の教育機関に在学中は、申請により返還を猶予します。その他返還が困難な事情がある場合は、御相談ください。


(3) 貸付の期間

平成29年4月から平成30年3月までの1年間
※翌年度以降も貸付を希望する場合は、毎年度申し込みが必要


(4) 保証人

1人(独立の生計を営む方。親権者又は未成年後見人を保証人にすることも可)



2対象となる方
次の(1)から(4)の全てに該当することが必要

(1) 親権者又は未成年後見人が県内に在住
(2) 高等学校、専修学校高等課程に在学
(3) 修学に経済的支援を必要とする者

※「経済的支援を必要とする」とは・・・
ア) 前年度の父母等の市町村民税所得割の課税総所得金額から、一定控除(1月1日時点で15歳以下の方1人につき33万円、16歳以上18歳以下の方1人につき12万円控除)後の額が230万円以下であること
イ) 生活保護世帯
ウ) 市町村民税が減免されている世帯

(4) 母子及び父子並びに寡婦福祉法による修学資金、愛知県高等学校定時制・通信制課程修学資金の貸与を受けていない方



3問合せ先
愛知県教育委員会 高等学校教育課 奨学グループ〈電話 052-954-6785 (ダイヤルイン)〉

前へ トップページへ このページのトップへ 次へ