君の夢を見つける、県立学校検索サイト 探そマイ!スクール
 
愛知県立松蔭高等学校
http://www.shoin-h.aichi-c.ed.jp/

〒 453-0855
名古屋市中村区烏森町2−2
TEL  052-481-9471
FAX  052-471-5919

※近鉄 烏森駅より 徒歩5分
※地下鉄 岩塚駅より 徒歩12分
案内図
全日制
創 立 昭和15年4月
教職員数 81人
生徒数  
区分 1年 2年 3年
155 168 165 488
205 191 192 588
360 359 357 1076
学科別
群・グループ分け
 
尾張第1・2群A共通 普通科
制服タイプ  
男子 学生服
女子 セーラー服

教育活動
旧制中川中學校以来培われた本校の伝統に立脚しつつ、「磨く 拓く 翔く」の校訓のもと、「部活の盛んな進学校」として時代の要請と地域の信頼に応えるよう努めています。
1  教育目標
 確かな学力を備え、明朗闊達で、多様な人々と協働して学ぶことができる健全で品位ある人間の育成
 (1)確かな学力を備え、主体的に学ぶ意欲のある人間の育成
 (2)明朗で闊達、自律的な人間の育成
 (3)グローバル化した社会で、多様な人々と協働して学ぶことのできる人間の育成
 (4)地域社会に貢献する、穏やかで品位ある人間の育成
 (5)生徒一人ひとりの進路意識を高めるキャリア教育の充実
2 学習活動
 基礎学力の確実な定着を目指して、日々の授業の充実に努めています。長期休業中には学力補充授業を実施して、生徒全員が全教科・科目を修得できるようにしています。2年時からは、文型・理型に分かれ多くの選択科目が用意され、生徒の進路適性に合わせて選べるようになっています。
3 生徒指導
 うるおいのある教育環境で、教師と生徒とのふれあいを密にしながら、豊かな人間性の充実を図っています。社会生活を送るうえで必要な倫理観・判断力・実践力の養成を目的として、望ましい基本的生活習慣の確立にも努めています。
4 進路指導
 生徒に自己の能力・適性等に応じた進路設計をさせ、その希望を最大限に遂げさせるよう、きめ細かな指導に努めています。また、3年時の長期休業中には学習合宿や補習授業等を実施して学習面でのサポートもしています。


学校生活
校訓「磨く 拓く 翔く」が示す精神のもと、さまざまな学校行事を行っています。
 6月に体育祭、9月に文化祭を行います。6月の体育祭は本校最大の行事で、各学年1クラスずつの3クラスで群団を組み、3年生の指導の下、様々な競技と群団発表やパネル・マスコットで競います。フィナーレのエール交歓は圧巻です。
 9月の文化祭は教室展示やステージ発表など盛りだくさんの企画があります。一般公開には毎年3,000人を越す外来者が訪れます。
 中学生の皆さんへの学校紹介の場にもなっています。ぜひ参観してください。


部活動 部活動一覧
学習との両立を重視しながら、運動部(13)、文化部(16)が活動しています。
男子サッカー部は、平成元年の高知インターハイ出場を皮切りに、7回目の全国大会出場を果たしています。また、2年連続でU-18フットサルトーナメント全国大会に出場しました。男子ハンドボール部は、今春の第37回全国高等学校ハンドボール選抜大会への出場を果たし、4回目の全国大会出場となりました。また創立30年を迎える和太鼓部は今年6度目の全国大会出場を果たし、昨年は全国2位あたる文化庁長官賞を受賞し、夢の舞台である国立劇場で演奏しました。個人部門では陸上や体操、書道などが全国大会に出場しました。女子サッカー部も県下の強豪です。ほとんどの運動部がこの数年の間に県大会に出場しており、放課後は校内の至る所から元気な声が聞こえてきます。


ひとこと
本校は、名古屋市西部の市民の熱望に応えて昭和15年に創設された旧制中川中學校を母体とし、創立76年目を迎える伝統ある学校です。28,000名ほどの卒業生が様々な分野で活躍しています。
 学校近くを通る佐屋街道に残っていた「松」に、木の蔭で静かに学ぶ教育の場ということを願い「蔭」を加え、「松蔭」と名付けられました。
 各教室に「時を守る、場を整える、礼を尽くす」の松蔭三題を掲げ、文武にバランスのとれた人間の育成に努めています。
卒業後の進路状況
区分 普通
28/3 29/3 30/3
進学 大学 国公立 44 75 48
私立 246 222 249
短大 13 4 10
専修・各種学校 13 22 20
合 計 316 323 327
就職 公務 2 1  
合 計 2 1  
総合計 318 324 327
 
トップページへ このページのトップへ 学科別高校一覧 群・グループ別高校一覧 特別支援学校一覧 教育委員会ホームページ