君の夢を見つける、県立学校検索サイト 探そマイ!スクール
 
愛知県立天白高等学校
http://www.tempaku-h.aichi-c.ed.jp/

〒 468-0006
名古屋市天白区植田東1丁目601番地
TEL  052-801-1145
FAX  052-805-9985

※地下鉄 植田駅より 徒歩18分
※地下鉄 原駅より 徒歩15分
※地下鉄 星ヶ丘駅より バス35分
案内図
全日制
創 立 昭和52年4月
教職員数 87人
生徒数  
区分 1年 2年 3年
188 175 186 549
172 184 170 526
360 359 356 1075
学科別
群・グループ分け
 
尾張第1群B 普通科
制服タイプ  
男子 学生服
女子 セーラー服

教育活動
■教育目標
 幅広い知識、ゆたかな情操、調和のとれた健全な心身を養い、郷土と日本のよき伝統・文化を継承し、広く国際感覚を身につけた次代を担う人材の育成を目指しています。
 ア 郷土を知り、日本を愛し、世界に飛躍する若人の育成を目指す。
 イ 校  訓
   自然に学ばむ   文化に学ばむ   己に学ばむ
■学年に応じた学習指導
 生徒の適性、教科に対する興味関心、進路希望などを総合的に考慮して、第2学年から類型選択を行っています。
 ○第1学年では、
 ・基礎基本を重視するとともに、基本的生活習慣の確立に力を入れています。
 ・成績不振者へのきめ細かい指導や、小冊子「STUDY&LIFE」により、各教科の学習方法の会得を図っています。
 ○第2学年では、
 ・1年の学習を継承発展させ、各自の能力の伸長を図るとともに、類型の特色を生かした学習指導を行います。
 ○第3学年では、
 ・自主自律を重んじ、適性に応じた確かな進路決定ができる学習指導をしています。
■充実した進路指導
 人としての生き方を考え、高校生活を通して将来を見すえ、主体的に自らの進路を決定する能力を育成します。
 ・「進路のしおり」を作成し、ホームルーム・ロングタイム、「総合的な学習の時間」などで多角的・段階的に指導します。
 ・進路資料室では、大学案内・入試問題などの豊富な資料が閲覧できます。
 ・各学年ともに進路に応じた学習講座を開きます。
■厳しくも温かみのある生徒指導
 ・学びの場にふさわしい、謙虚で思いやりのある真摯な生活態度を育成します。
 ・礼節を重んじ、心豊かな生活を築く態度や社会性の涵養に努めます。
 ・命を大切にする教育の徹底を図り、安全な社会生活を送るための基礎作りをします。
 ・保護者に対して本校の生徒指導目標の周知を図り、理解と協力を得るとともに、地域社会との連携を密にします。
 ・学校生活への適応を図り、充実した個別指導を行います。


学校生活
名古屋市東部の静かな環境の中で、明るくのびのびとした高校生活を送ることができます。体験を通して自らを高めるため、多くの学校行事を行っています。
 4月 入学式
 6月 遠足(1・3年)、修学旅行(2年)・・・・自然と文化に親しむ体験学習を行っています。
 7月・8月 部活動の合宿
 9月 学校祭(体育祭、文化祭)
10月 芸術鑑賞会・・・・演劇、音楽、古典芸能を鑑賞します。
 2月 手工芸(1年)・・・・開校以来の特色ある行事で、地域や保護者の方々が講師です。
 3月 卒業式、スポーツ大会


部活動 部活動一覧
部活動は、運動部13、文化部13あり、充実した活動をしています。
■運動部
 バレーボール、バスケットボール、ハンドボール、テニス、ソフトテニス(女)、陸上競技、水泳、卓球(男)、剣道、サッカー、野球、柔道、バドミントンがあり、いずれも活発に活動し、各種大会で大きな成果をあげています。
■文化部
 自然科学、吹奏楽、茶華道、美術、英会話、放送、演劇、囲碁将棋、写真、ものづくり、文芸、ダンス、合唱の各部があります。


学校の特色
1 日本の伝統・文化の継承
 世界の国々の伝統・文化を深く理解するために、手工芸などの行事を通して日本の伝統・文化の理解と継承に努めています。
2 習熟度別学習と少人数講座の実施
 第2学年の国語、および第3学年の数学・理科において習熟度別学習を実施し、授業の焦点を絞り、生徒の学力に応じた指導を行っています。また、第1学年と第2学年の英語表現においては各クラスを2講座に分け、コミュニケーション能力と国際感覚を養っています。
3 高大連携・インターンシップ事業の推進
 近年は豊田工業大学の「サイエンス体験プログラム」に参加しています。看護体験や企業・公共団体とのインターンシップに参加する生徒もいます。
4 国際交流の推進
 平成24年度はインドの高校生10名を招いて交流を行いました。平成21年度は米国カリフォルニア州モンテビスタ高校との交流を行いました。


ひとこと
充実した高校生活を送るヒントを紹介しましょう。
 一つ目は、「具体的な目標を立てる」ことです。たとえば、「勉強をしっかりやる」という目標ではなく、「毎日、その日の授業の復習に2時間かける」とか、「一日に英語の単語を五つ覚える」などというように、具体的な目標を立てるのです。具体的な目標を設定することで、しっかりがんばっているか、少し怠けているか、自分でチェックすることが可能になります。二つ目は、「友達との交流を盛んに行う」ことです。お互いに縁あって同じクラスに所属しました。友達との交流で、毎日の生活が随分変わるはずです。三つ目は、「部活動に積極的に参加する」ことです。部活動の先輩は、クラブのことや学校行事、先生の授業の特徴など、さまざまな情報を教えてくれるでしょう。本校の伝統を受け継ぐこともできます。
 皆さんが、豊かな、すばらしい高校生活を送ることができるよう願っています。
卒業後の進路状況
区分 普通
28/3 29/3 30/3
進学 大学 国公立 45 69 57
私立 290 263 237
短大 1 8 4
専修・各種学校 25 9 15
合 計 361 349 313
就職 公務   2 1
上記以外 1   2
合 計 1 2 3
総合計 362 351 316
 
トップページへ このページのトップへ 学科別高校一覧 群・グループ別高校一覧 特別支援学校一覧 教育委員会ホームページ