君の夢を見つける、県立学校検索サイト 探そマイ!スクール
 
愛知県立旭陵高等学校
http://www.kyokuryo.ed.jp

〒 461-8654
名古屋市東区出来町三丁目6−23
TEL  052-721-5371
FAX  052-723-6816

※JR 大曽根駅より 徒歩10分
※地下鉄 大曽根駅より 徒歩15分
※名鉄 大曽根駅より 徒歩15分
案内図
通信制
創 立 昭和46年4月
教職員数 34人
生徒数  
区分 1年 2年 3年 4年 その他
145 118 108 250 29 650
194 142 141 277 25 779
339 260 249 527 54 1429
学科  
普通科
その他情報  
修業年限 3年
年間出校日数 20日程度(その他に自宅での相当時間の学習が必要です)

教育活動
○ 教育目標
 全日制や定時制に通学できない人たちや、生涯学習の意欲を持つ成人に対し、自らが教師となって自学自習を行うことにより、自己教育力を身につけ、生涯にわたって主体的に学ぶ基礎的な能力・態度を養うことを目指します。

○ 教育課程
(1)科目別に修得した単位数の合計が74単位以上(必修科目を含むことが必要です。)に達すると卒業することができます。
(2)修業年限は3年以上(標準4年)ですが、過去に高等学校に在学した経歴がある場合や、本校に入学する前に高認(高等学校卒業程度認定試験)に科目合格した経歴がある場合には、修得単位数に応じて、卒業に要する年数が短縮されることもあります。
(3)受講科目は、一部の必修科目を除いて、他は全て希望選択することができます。一部の科目を除いて、受講する科目の順序などを指定しておりません。
(4)数学と英語は、基礎学力をつけてから学習ができるように、数学入門、英語入門の講座も開講されています。
(5)単位の修得を目的とせずに一部の科目だけを学習する「特科生」や、他の高等学校に在学中の生徒が本校でも併修した場合に、本校での学習成果が在学中の高等学校の単位として認定される「併修生」の制度もあります。

○ 教育活動
 通信制は、自宅での自学自習が基本です。
 教科書や学習書を用い、また、テレビ・ラジオ・インターネット番組を視聴して、自宅で勉強し、その結果を報告課題として提出します。報告課題は一枚ずつ添削されて、自宅に返送されます。順調に学習を進めるためには、毎週2〜3通の報告課題を提出することが必要です。通信制の添削指導は、1通の添削指導が全日制・定時制での約10時間の「授業」に相当します。各科目の単位を修得するためには、科目ごとに定められた回数の添削指導が必須です。
 面接指導は年間16日程度開講されます。面接指導は、すべての時間に出席しなければならないわけではなく、各科目の単位を修得するためには、科目ごとに定められた時間数以上の時間に出席することが必要です。(各科目の単位修得に必要な面接指導の時間数の一部は、自宅でテレビ・ラジオ・インターネット番組を視聴することによって免除できる場合があります。)
 試験は年2回行われます。各科目とも2回の試験を受験して合格しないと、単位修得はできません。


学校生活
○ 学校生活の特色
 年間16日間の面接指導日と4日間の試験日には、同一敷地内の愛知県立旭丘高等学校の校舎も使用して、各教科・科目の面接指導と試験をおこないます。
 各教科・科目の面接指導と試験のほかには、その年度の入学生徒を対象とした「オリエンテーション」、全校生徒を対象とした「生活体験発表会」「学校祭」、希望者を対象とした「林間学校」「スノーボード学校」、前年度までの修得済み単位数の累計が14単位以上である生徒のうち希望者を対象とした「修学旅行」、また、東海四県下7校の通信制生徒が集まる「東海四県交歓会」など、多彩な行事を実施しています。
 これらの学校行事は、すべての時間に出席しなければならないわけではなく、面接指導日に実施されるホームルーム活動と通算した「特別活動」の出席時間数が、卒業までに所定の時間数以上となるように出席することが必要です。


部活動 部活動一覧
○ 部活動の特色
 出校日数の少ない学校ですが、面接指導日には、すべての科目の面接指導が終了した後に自由参加で、部活動を行っています。
 なお、部活動は教育課程外の活動ですから、部活動に参加しても、卒業までに出席することが必要な「特別活動」(学校行事およびホームルーム活動)の出席時間数には通算されません。

学校の特色
○ 本校は、郵便による通信教育(郵便という通信手段を利用して実施する教育)の方法で高等学校の教育課程を実施する「通信制」の学校です。本校は「働きながら学ぶこと」が必要な勤労青年および成人のための高等学校ですが、勤労青年や成人でなくても入学することは可能です。

○ 本校は「単位制」ですから、本校で使用している「1年」「2年」「3年」「4年」の呼称は、「学年制」における「学年」とは意味が異なります。本校では「学年」は、生徒ごとの修得済み単位数の累計に基づいて便宜的に区分したものにすぎず、「各学年の課程の修了」といった意味を持ちません。したがって年間の修得単位数を増やせば、途中の「学年」を飛ばして最短の3年で卒業できる場合もありえます。
 また、本校は「単位制」ですから、「学年制」の学校で一般的におこなわれている、「各学年の課程の修了」が認められなければ修得できた科目の単位までをも全部無効(没収)にしてその「学年」の全部をやりなおさせるといった「原級留置」は、ありません。本校では在学年数にも上限を定めておらず、したがって、年間の修得単位数を減らして毎年少しずつ単位を修得し、卒業まで何年かかっても自分のペースで学習するといった方法で卒業を目指すこともできます。

○ 高認(高等学校卒業程度認定試験)合格科目を、卒業に必要な単位の一部にしたり、本校で単位修得した科目を、高認資格取得のための免除科目にすることができます。

○ 大学・短期大学・専門学校などに進学する生徒が、近年増加しています。推薦を受けて進学する生徒もいます。一部には、指定校推薦もあります。

○ JR大曽根駅(南口)から徒歩10分、名鉄瀬戸線、地下鉄大曽根駅から徒歩15分、基幹バス、市バスの古出来町停から徒歩5分という交通至便の地にあります。近くにはナゴヤドームがあり、民間の有料駐車場が数多くあります。


ひとこと
○ 郵便による通信教育の方法で高等学校の教育課程を実施する「通信制」の学校です。 「働きながら学ぶこと」が必要な勤労青年および成人のための高等学校ですが、勤労青年や成人でなくても入学することは可能です。

○ 郵便による「添削指導」(レポート)のほかに、学校が指定する日時に出校(登校)して「面接指導」(スクーリング)および「試験」(テスト)を受けなければ、単位を修得することができず卒業することもできません。

○ 学習に必要な費用は、受講する科目数、単位数によって違いがありますが、年間で 3〜4万円ほどです。(年度当初に一括して納入していただきます) その他に、レポート提出時の郵便切手代として(多い人で)年間3000円が必要です。

○ 入学希望者向けの「学校見学」はおこなっていません。「個別相談」をご希望の場合は、本校ホームページをご参照のうえ、随時お問い合わせください。
 
トップページへ このページのトップへ 学科別高校一覧 群・グループ別高校一覧 特別支援学校一覧 教育委員会ホームページ