君の夢を見つける、県立学校検索サイト 探そマイ!スクール
 
愛知県立瀬戸窯業高等学校
http://www.setoyogyo-h.aichi-c.ed.jp

〒 489-0883
愛知県瀬戸市東権現町22番地の1
TEL  0561-82-2003
FAX  0561-85-4176

※名鉄 尾張瀬戸駅 駅より 徒歩7分
案内図
全日制 定時制(夜)
創 立 明治28年10月
教職員数 61人
生徒数  
区分 1年 2年 3年
113 111 101 325
80 79 80 239
193 190 181 564
学科別
群・グループ分け
 
B セラミック科 、デザイン科、電子機械科、商業科、総合ビジネス科、工芸デザイン科、新素材工学科
専攻科  
セラミック陶芸科
制服タイプ  
男子 ブレザー
女子 ブレザー

教育活動 主な資格取得
1 学習活動
 技術、技能の基本を実習科目を通して体得し、それを座学で知識として理解する学習形態をとっています。また、多くの科目においてきめ細やかな指導ができるように少人数制を導入しています。努力すれば必ず理解でき、技術も身に付きます。 
2 生活指導
(1)人命尊重を第一として、交通安全教育、学校安全教育、非常災害時の安全教育に力を入れています。
(2)基本的な生活習慣の確立を重視し、生活目標を掲げ、自立性のある伸びやかな生徒を育てます。
3 進路指導 
 長い歴史のある本校では、各界で多くの卒業生が活躍されていることから、企業からの求人も安定しています。また進学についても、各大学に合格者をだすなど好調なものとなっています。 このように地域で活躍する人材を継続して輩出するため、就職・進学のための基礎学力の充実、面接指導、保護者を交えての進路相談などを行い、進路指導の充実を図っています。


学校生活
実践的職業人を育成するため、就業体験(インターンシップ)の導入や課題研究などの実践的授業を多く取り入れ、また各種コンクールや競技会に積極的に参加し、優秀な成績をあげています。
一生を通じて付き合える友を得ることのできるのも高校時代です。本校では、学校祭などクラス一丸となって力を合わせ、友情を深める行事がいっぱいです。


部活動 部活動一覧
電子機械・新素材工学・工芸デザイン・総合ビジネス科からなる本校には、他校にない部活として、陶芸・陶磁史部、電研部、ワープロ部、創作部があります。いずれも伝統と実績を誇る部活動です。また、学校行事は勿論のこと、地域行事で進行役を務める実力派の放送部や、力をつけこれからに期待が高まっている弓道部、吹奏楽部をはじめサッカー部、硬式野球部など、熱心に活動する部活動がたくさんあります。
文化系の特色ある部活の顧問は、その道のプロ級の技術と指導力をもつ教員が指導にあたります。

学校の特色
本校は、教育理念に次のものを掲げて人間教育を実践しています。
・いのちを大切に、たくましく生き抜く強靭なひとを育てる。
・基礎、基本を大切に怠けず、あきらめず努力するひとを育てる。
・学ぶことの厳しさに耐え、約束を守るひとを育てる。
・社会の変化や科学技術の進歩に主体的に対応できる能力と態度を育てる。
・温かく、ゆたかな広い心をもったさわやかなひとを育てる。
・深く考え、自らの力で解決する意欲的なひとを育てる。
また、実習等の体験型授業を多く取り入れて、実践力を培うカリキュラムを取り入れています。そのために下記のような充実した施設を誇っています。
<共用施設> コンピュータ約150台、図書室、視聴覚室、保健室、社会多目的室など。 
<工芸デザイン科> ろくろ実習室、窯業操作実習室、製土工場、工芸実習室、コンピュータ室、プロダクト実習室、第1・2・3造形実習室、工芸実習室、ビジュアルデザイン室、印刷室、写真関係実習室、環境構成デザイン実習室、基礎デザイン実習室など。 
<新素材工学科> 耐火物実習室、計測実習室、プラント実習室、化学分析室1〜2、電算室、製図室、試験計測実習室3など。 
<電子機械科> 試験計測実習室1〜2、機械加工実習室1〜4、仕上げ組立実習室1・2、溶接実習室、CAD室、原動機実習室、CAM室、NC室、電算機実習室1・2、自動制御実習室、電気磁気実習室、工作工事実習室、計測実習室など。
<総合ビジネス科> 総合実践室、商事実習室、タイプ実習室、簿記実習室1・2、商業実践室など。
<陶芸専攻科> 工芸実習室、セラミック試験室、セラミック化学実習室、加飾実習室、専攻科ろくろ室、石膏室、窯業化学実習室、計測実習室、工芸実習室など。


ひとこと
昨年度全日制課程は、工業科(工芸デザイン科2クラス・新素材工学科1クラス・電子機械科1クラス)・総合ビジネス科1クラスという学科構成に改編されました。工芸デザイン科は2年生からデザインコースとセラミック陶芸コースにコース分けをして学習します。新素材工学科と電子機械科はくくり募集をし、1年生は共通した科目・実習を学習します。2年生で各学科に分かれ専門的な学習をします。商業科から総合ビジネス科に名称が変わり、カリキュラムも新しくなりました。
卒業後の進路状況
区分 セラミック デザイン 電子機械 商業 総合ビジネス 工芸デザイン 新素材工学
28/3 29/3 30/3 28/3 29/3 30/3 28/3 29/3 30/3 28/3 29/3 30/3 28/3 29/3 30/3 28/3 29/3 30/3 28/3 29/3 30/3
進学 大学 私立 3 1 2 15 4 6 1   1 4 1                    
短大       1 1 1         3 4                  
専修・各種学校 10 10 8 9 17 9 1   3 4 8 5                  
上記以外 2 2                   1                  
合 計 15 13 10 25 22 16 2   4 8 12 10                  
就職 建設業 3 2 3       4 3 2 1   1                  
製造業 30 43 46 8 10 7 26 27 30 7 15 11                  
電気・ガス・水道業             2 4 2                        
運輸・通信業 3 3 3     2   1   3 3 6                  
卸・小売業・飲食店 12 4 5 2   3 2     4   3                  
金融・保険業 1                                        
サービス業 2   5 1   3 1     2   3                  
上記以外 5 10     5   1 2   7 6                    
合 計 56 62 62 11 15 15 36 37 34 24 24 24                  
総合計 71 75 72 36 37 31 38 37 38 32 36 34                  
 
トップページへ このページのトップへ 学科別高校一覧 群・グループ別高校一覧 特別支援学校一覧 教育委員会ホームページ