君の夢を見つける、県立学校検索サイト 探そマイ!スクール
 
愛知県立江南高等学校
http://www.konan-h.aichi-c.ed.jp/

〒 483-8177
江南市北野町川石25−2
TEL  0587-56-3511
FAX  0587-53-0984

※名鉄 江南駅より 徒歩8分
案内図
全日制
創 立 昭和55年4月
教職員数 78人
生徒数  
区分 1年 2年 3年
166 171 173 510
154 149 187 490
320 320 360 1000
学科別
群・グループ分け
 
尾張第1群A 普通科
制服タイプ  
男子 学生服
女子 ブレザー

教育活動
教育目標
  「変化の激しい時代を生き抜く力を育む」
 (1)真理と正義を愛し、高い知性と豊かな教養を身に付けた人間を育てる。
 (2)基礎的・基本的な知識・技能を身に付け、それらを活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力及び主体的に学習に取り組む態度を育む。
 (3)一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育む。
 (4)規範意識を身に付けるとともに、自主性や社会性を育み、他人を思いやり、他人と協力して社会に貢献できる人材を育てる。
 (5)生涯にわたって心身の健康を支える生活基盤を確立する。

1.学習指導
  生徒一人一人を伸ばす徹底した学習を実現します。毎時間の授業を大切にし、業後も職員室に質問に来る生徒に対 し懇切丁寧な指導をしています。
 (1)週32単位65分授業の実施
  本校では、進学校として確かな学力の向上を図り 「日々の授業の充実」 のため、週32単位時間を実施し、「65分授業×1日5コマ」 の方法で授業展開を行い、時間割はA週・B週の2週間で1サイクルの時間割を編成しています。
 (2)学力に応じた、きめ細やかな指導による 「わかる授業」 「生き生きとした授業」 の展開を目指します。
 (3)学習に努力する生徒のために、長期休業中に学習合宿や学習会の機会をつくります。
 (4)小テスト等をこまめに実施し、基礎学力の定着を図ります。

2.生徒指導
  本校の教育目標を実現し、自ら律する心をもった、地域に愛される若人の集団となるために、品位のある身だしなみ、好ましい生活習慣の確立、安全意識の高揚を、全職員が一致協力して図ります。

3.進路指導
  生徒一人一人の進路希望をかなえるために、次のような行事を計画的に盛り込んで、きめ細やかな指導と生徒の意識の高揚を図ります。
  (1) 進路希望調査・進路適性検査等の実施
  (2) 進路講演会等の開催
  (3) 学習到達度テスト・実力考査・課題考査等の実施
  (4) 保護者進路説明会・保護者会等での進路情報の提供
  (5) 学力に応じた補習・補充授業の開講


学校生活
1.立地条件
  交通の便もよく、美しい緑の多い環境に恵まれています。

2.特色
  たくましく生き抜く気力・体力を養い、時代の要請にこたえる幅広い、心豊かな人材を育てるため、次のような特色ある学校行事を実施しています。

3.活動
  第1学年ではオリエンテーションと遠足、第2学年では修学旅行、第3学年では遠足を行い、学年の和を高めます。7月と3月には球技大会、9月には 「藤波祭」 が開催されます。藤波祭とは、クラス発表・文化部発表・体育祭など、生徒自身の手で、3日間にわたって繰り広げられる学校祭のことです。また、毎年7月に芸術鑑賞会を実施します。


部活動 部活動一覧
1.全般
  本校では学習ばかりではなく、非常に多くの生徒が部活動に活発に参加し、気力・体力・情操を養っています。運動部13、文化部8の部があり1年生は全員参加です。

2.運動部
  陸上部・野球部・サッカー部・剣道部・ハンドボール部・バスケットボール部・水泳部・弓道部・テニス部・卓球部・新体操部・ソフトボール部・バレーボール部があり、県大会出場を目指し、日々頑張っています。平成23年度はテニス部、平成24年度〜27年度は陸上部が、4年連続 高校総体全国大会への出場を果たしました。

3.文化部
  平成19年度高文連全国大会に出品をした写真部、平成19年度〜29年度と11年連続でマーチングコンテスト東海大会出場の吹奏楽部、日本音楽の箏曲を研究し、平成23年度県大会入賞、24年度全国大会出場の筝曲部、さらに英会話部・茶華道部・美術部・家庭科部・自然科学部があります。

学校の特色
1.32単位 「65分授業」
  「65分授業」 では50分授業と比べて 1.3 倍のまとまった授業時間がとれるため、入試問題を扱うハイレベルの演習授業や実験・実技を伴う授業には特にプラス面が大きく、成果が上がっています。
本校ではこの 「65分授業」 がより効果的なものになるように、授業方法の改善、その為のシラバス作成等さらに取り組んでいきます。

2.藤波祭(学校祭)
  江南高校のすぐ隣に市民文化会館があり、北側には中央公園があるなど、緑豊かで文化的なすばらしい環境にめぐまれています。その施設を最大行事である藤波祭のクラス発表・文化部発表・有志発表で利用することができます。本格的な舞台で生徒たちは質の高い創造的なパフォーマンス等を発表しています。

3.福祉活動
  本校は福祉協力校の指定を受けており、江南市社会福祉協議会と連絡調整し、種々の福祉活動を実践しています。福祉実践教室、夏休みの福祉体験学習、老人ホームや保育園の訪問演奏、歳末助け合い募金等を行っています。

4.総合的な学習の時間
  総合的な学習の時間である 「探Q」 では自己課題を設定し、班別に情報を集め、まとめて発表する活動をしています。

5.英語教育
  全校一斉に年間12回、高校生として身につけなければならない英語の基礎学力を養うため、基礎力テストを10分間実施しています。また、自学自習の習慣をつけるため、英語の課題を課し、定期考査2週間前にも本校独自の英Eテストを実施するなど英語教育に特に力を入れています。

6.土曜教室等
  土曜日や夏季休業中には、補習以外にも自習教室や自主講座を開講するなど学習に取り組みやすい体制を整えています。

7.学習合宿
  2年生の春季休業中には、1年後の大学受験に備え、希望者を対象に3泊4日の学習合宿を実施しています。参加した生徒は 「この合宿に参加して、自分にも1日10時間以上、集中して学習できることがわかった」 と感想を述べ、大変好評です。

8.その他の活動
  学校見学会では、1,200 名 を超える中学生が夏季休業中に本校を訪れ、説明会や校舎内外の見学を行っています。


ひとこと
【勉学と部活動】 
  江南高校をひと言で表現すると、これほど “文武両道” という言葉の似合う学校はないということです。先生はもちろんのこと生徒も勉強にも部活動にも一生懸命です。さらに、先生は、ただ教えるだけではなく、どうしたら生徒たちにわかりやすいかを真剣に考えて授業をしています。生徒は中学より深く、専門的なことを理解しようと努力しています。

【理想に向かって実践】 
  開校以来39年目、地域社会の要望と期待に応えるために、教職員・生徒が一体になり、校訓 「学び はげみ 学べ」 を教育活動のすべての場で実践し、着実にその成果をあげています。本年も、より高い理想に向かって邁進したいと考えています。
卒業後の進路状況
区分 普通
28/3 29/3 30/3
進学 大学 国公立 152 148 147
私立 131 183 161
短大 9 3 3
専修・各種学校 11 12 15
上記以外 11 11 29
合 計 314 357 355
就職 公務   1  
合 計   1  
総合計 314 358 355
 
トップページへ このページのトップへ 学科別高校一覧 群・グループ別高校一覧 特別支援学校一覧 教育委員会ホームページ