君の夢を見つける、県立学校検索サイト 探そマイ!スクール
 
愛知県立岡崎工業高等学校
http://www.okazaki-th.aichi-c.ed.jp

〒 444-8555
岡崎市羽根町字陣場47番地
TEL  0564-51-1646
FAX  0564-51-1648

※JR 岡崎駅より 徒歩15分
※名鉄 東岡崎駅より バス15分
※愛知環状鉄道 岡崎駅より 徒歩15分
案内図
全日制 定時制(夜)
創 立 明治45年2月
教職員数 80人
生徒数  
区分 1年 2年 3年
267 257 247 771
13 18 22 53
280 275 269 824
学科別
群・グループ分け
 
B 化学工業科 、機械科、情報技術科、電気科、土木科、機械デザイン科
制服タイプ  
男子 ブレザー
女子 ブレザー

教育活動 主な資格取得
教育課程: 6学科とも普通科目が40単位、専門科目が37単位、ホ−ムル−ム活動が3単位の構成であるが、選択科目が10単位あり、選択の仕方によっては、最大50単位と27単位の組み合わせが可能である。従って、専門性をより高めるなど、生徒個々の特性を伸ばすしやすい選択組み合わせも可能となり、就職と進学のどちらへも対応が可能である。

学習指導: 基礎的な知識と技能の学習に重点を置くとともに、先端技術にも対応できる知識、技術の習得を目指している。また、教科によっては、習熟度別授業を実施し、できる限り個々の生徒に対応した授業展開をしている。そして、全ての生徒に対し情報処理学習をさせ、将来の情報社会化への対応を図っている。

資格取得指導: 各学科とも専門に関する資格取得の励行を勧めており、溶接技能士、旋盤技能士、カラ−コ−ディネ−タ−検定、第3種電気主任技術者、第2種電気工事士、基本情報処理技術者、工事担任者、測量士補、2級土木施工管理技士、危険物取扱者などの取得指導を行っている。

生徒指導: 目標を持ち、絶えず自己研鑽に努め、他人の立場を理解して思いやりのある行動ができる心豊かな人間の育成を目指して、生活習慣の指導を中心にして生徒指導に取り組んでいる。例えば毎年、学校周辺のゴミ拾い活動を全校生徒に呼びかけ、地域へのボランティア活動の推進を図っている。

進路指導: 進路指導部を中心に、本人、保護者、担任を交えて相談後、希望の企業に応募する。進学率は約1割であり、希望により主に推薦で大学、短大、専門学校に応募する。

特別活動: 青春の思い出となる学年別球技大会、クラス対抗体育大会、修学旅行、中学生体験入学、文化祭(岡工際)、学習成果発表会など、種々の行事を通じて集団活動の場を設けている。


学校生活
年間5回の考査や補習等、日常的学習活動の中での体育大会の大マスコットづくりや文化祭の模擬店企画等、楽しい学校行事を通じて、クラス仲間との融和を図っていてる。また、愛知県工業高等学校総合競技大会や愛知県工業高校生ロボット競技会などの各種競技会に向けて、例えば旋盤競技やロボット製作等で遅くまで、競技会に向けて努力している。このように、専門学校独特の学校生活に励みながら、各自の専門性の高さを磨いている。
 また、修学旅行は、広島県の平和公園で平和について考えるなど、種々の工夫をしている。さらに生徒会では、学校付近における小学生の登校時の交通誘導をしたり夏休みに近隣の施設へのボランティアを紹介したりして、福祉活動の推進をしている。


部活動 部活動一覧
最近活躍がめざましいハンドボール部や過去に二度甲子園に出場した野球部、全国大会への出場経験のあるバレーボール部など様々な運動部の活動が活発です。また、文化部は囲碁部、天文・科学部、写真部などが頑張っています。さらに工業高校ならではの機械生産部や機械デザイン部、電算機部などがエコカー競技やロボット競技大会、溶接競技会などで入賞するなど活躍しています。

学校の特色
本校は、約62300uの用地を有し、硬式野球部、サッカ−部、テニス部、ハンド部が完全に同時練習できる県下有数の敷地面積を有し、平成24年に創立100周年を迎える伝統校で、約2万有余名の卒業生がいる。そのため、近隣の産業界には多くの先輩方が活躍しており、地域の産業発展に貢献している。永い歴史の中には、医者や弁護士とか大学教授になられた先輩もみえるが、最近では、NHKのプロジェクトXで話題になった、電子倍増管を開発された先輩や世界技能オリンピックでメダルを取った先輩方がいる。また生徒諸君の話によると、おおらかな校風で友情が芽生え易い学校の雰囲気とのことである。校舎は、教室棟の他に6各学科専用の実習棟に分かれており、それぞれの実習時に専用の装置を使って実習できるようになっている。
 各学科の学習内容は、
機械科:機械材料や加工法、機械の設計・製図・制作・操作法などの「ものづくり」の学習を中心に、マシニングセンタやCAD、シーケンス制御などの、コンピュータ系も学習している。
機械デザイン科:工業製品の開発から生産までの工程について総合的に身につけるため、デザインの基礎やモデリング、設計、製図、金属加工法や、品質管理等を学び、デザイン感性を持った実践的な技術者の育成を目指している。
電気科:水力・火力・原子力・風力・太陽光などの電気エネルギーの発電のしくみから変電・送電を通して、消費するまでの過程における色々な知識や技術を学習する。また電気の資格取得にも力を入れている。
情報技術科:コンピュ−タやシステム装置のハ−ドウェア、ソフトウェア学習を中心に、各種装置の電子制御に関する学習をしている。
土木科:道路・橋・トンネル・上下水道などの社会基盤を整備するのに必要な知識・技術を学習する。現場で活躍できる土木技術者の育成を目指し、多くの資格取得にも取り組んでいる。
化学工業科:化学反応やバイオケミストリー技術、プラント制御技術あるいは環境保全技術などの学習をしている。
 どの学科も、工業社会で活躍できるように各種の資格取得指導に力を入れており、毎年たくさんの生徒諸君が国家資格に合格している。


ひとこと
日本企業が生産拠点を海外に移し、国内の生産力低下や若者のものつくりに関する意識面・技能伝承面などに影響を与えています。このままの状態では、生産立国である日本の将来は暗いものになります。この状況下で、工業教育では、産業の基礎の部分を支えていく人間の育成を目標とし、ものつくりに関する技術や技能を現場で駆使することのできる技術者の教育に努力しています。本校では、ものつくりの基礎基本となる知識や技能を身につけさせることに重点を置き、将来、工業界で活躍する人間に育ってくれることを願って、専門科目や実習授業をしっかり実施し、資格取得指導など意欲的に工業教育を進めています。また、県教育委員会や岡崎商工会議所の支援を得ながら、地元企業との連携事業にも積極的に参加しています。本校に関心があり入学意欲のある皆さんは、ぜひ、本校で学習してください。歓迎します。学校のホームページも参考にしてください。
卒業後の進路状況
区分 化学工業 機械 情報技術 電気 土木 機械デザイン
28/3 29/3 30/3 28/3 29/3 30/3 28/3 29/3 30/3 28/3 29/3 30/3 28/3 29/3 30/3 28/3 29/3 30/3
進学 大学 国公立                     1 1            
私立 1 1     1 3 3 4 2 1   3 4 2 1 2 1 4
短大         1 1   1 1   1              
専修・各種学校 1 1   2 2 4 3 3 2 1 5 2 5 1 4 2   4
上記以外   1           1                    
合 計 2 3   2 4 8 6 9 5 2 7 6 9 3 5 4 1 8
就職 建設業     1 1 1         11 8 12 11 21 20 1    
製造業 36 29 34 68 61 66 23 29 31 17 50 10 3 4 3 28 35 23
電気・ガス・水道業           1       4 4 3   1 2      
運輸・通信業             1 1 2   1 2 2 3 3   1 2
卸・小売業・飲食店     2   1   1 1 1 1 1 1 1          
金融・保険業                 1                  
サービス業   3 1 1 3 2       1 3 3 2 1   1   2
公務   1     2         2 1 2 7 7 5   2 1
上記以外 2 3 1 5 5 3 6     2 1   3   1 5 1 1
合 計 38 36 39 75 73 72 31 31 35 38 69 33 29 37 34 35 39 29
総合計 40 39 39 77 77 80 37 40 40 40 76 39 38 40 39 39 40 37
 
トップページへ このページのトップへ 学科別高校一覧 群・グループ別高校一覧 特別支援学校一覧 教育委員会ホームページ