君の夢を見つける、県立学校検索サイト 探そマイ!スクール
 
愛知県立渥美農業高等学校
http://www.atsuminogyo-h.aichi-c.ed.jp/

〒 441-3427
田原市加治町奥恩中1の1
TEL  0531-22-0406
FAX  0531-22-6462

※豊橋鉄道 三河田原駅より バス5分
案内図
全日制
創 立 昭和26年4月
教職員数 57人
生徒数  
区分 1年 2年 3年
94 90 86 270
66 70 72 208
160 160 158 478
学科別
群・グループ分け
 
B 施設園芸科 、生活科学科、農業科、食品科学科
制服タイプ  
男子 ブレザー
女子 ブレザー

教育活動 主な資格取得
○教育目標
 ◇いのちを尊び、心や身体を鍛え、たくましく生る力を養う。
 ◇自ら学び、深く考え、広い視野をもって主体的に行動する力を養う。
 ◇礼節を重んじ、自らを律し、他とともに心豊かな生活を築く態度を養う。
○教育課程
 本校は、農業科、施設園芸科、食品科学科、生活科学科を設置して、専門教育を実施しています。農業科と施設園芸科は一括募集をし、第2学年になる時に適性、興味、進路等に応じて学科の選択を行います。第2学年から農業科は、畜産、野菜、農業経営、食品流通、造園技術等を学習します。施設園芸科では草花、野菜、果樹、農業経営、食品流通等を中心に学習します。食品科学科は食品製造、食品化学、微生物利用等について学習します。生活科学科は調理、ファッション造形基礎、子どもの発達と保育、野菜、食品流通等を学習します。 
○教育活動
 ◇学習指導 
  義務教育との連携を図り、わかりやすい授業を推進します。基礎学力を充 実させるために、基礎的・基本的学習を重視し、個に応じた学習方法を工夫 しています。
 職業科目においては、実験実習を重視し、体験を通して基本的な内容が身 につくようにするとともに、バイオテクノロジー、パソコンによる情報処理 技術の学習を行い、高度技術社会への対応も図っています。
 ◇生徒指導
  社会人として必要な基本的生活習慣を確立するために、あいさつ、言葉づ かい、マナー等について規律のある学校生活を過ごせるよう努めています。 本校の校訓ともいえる、「聡明なる勤労」に示される科学的、合理的な勤労 を体得し、社会に貢献できる人物を養成するために、あらゆる機会をとらえ て、生徒指導を推進しています。
 ◇進路指導
  早期に進路計画を立て、明確な目的意識をもって学習に励むよう指導して います。進路目標を達成するため、進路相談会や会社訪問、小論文テスト、 就職・公務員・進学模試、進学者に対する個別、教科別指導等あらゆる手助 けをします。また農業後継者の育成に力を注いでいます。


学校生活
種々の樹木や草花に彩られ、施設・設備の充実した学習環境の下で、生徒は生命を尊び、こころや身体を鍛え、規律ある学校生活を送るよう頑張っています。
主な学校行事としては、修学旅行、農高祭、スポーツ大会、芸術鑑賞会、また、農業クラブ関係の農業鑑定競技や意見発表会、プロジェクト発表会などがあります。 
◇修学旅行
 沖縄でマリンスポーツやシーサー作り体験などを楽しみます。
◇体育大会
 全クラスがパネル作りに取り組み、応援合戦で団結力を高めます。
◇農高祭
 文化部や産業部が活動成果を発表・展示したり、自分たちが丹精込めて作った農産物や加工食品、菓子等の販売を行います。一般公開日には千人を超す人々が訪れます。
◇プロジェクト発表会
 農業クラブの各産業部が研究成果を発表します。「四角いメロン」や「四番茶を使ったマドレーヌ」などの研究がされています。


部活動 部活動一覧
◇運動部
 どの部も積極的に活動しています。陸上部は全国大会に、卓球部が東海大会に、ソフトテニス部・野球部・柔道部・バレーボール部などが県大会に出場し、活躍しています。
◇文化部
 吹奏楽部は積極的に演奏会を行い、市民の方にも楽しんでいただいています。その他にもパソコン部・文芸部・茶華道部があります。
◇産業部
  動物科学、環境科学、野菜、草花、果樹、生物工学、食品科学、食物、被服等の産業部があります。野菜部は四角いメロン「カクメロ」の研究で話題となっており、特許を取得しシンガポール等に輸出も始めました。食品科学部では未利用資源の四番茶を使った「マドレーヌ」の開発で知名度を上げています。他にも各種競技会において県大会、全国大会で多くの生徒が入賞しています。

学校の特色
○オランダと国際交流
 オランダのウェラントカレッジと姉妹校提携をし、毎年10名程度の生徒がオランダでホームステイを行い、交流を行っています。
○農業高校生だからできること
 農業高校には全国組織の農業クラブ活動があります。プロジェクト発表会や測量・農業鑑定・情報処理競技など、各競技の県大会、全国大会が毎年開催されます。本校は農業鑑定競技と家畜審査競技、農業情報処理競技において、全国大会で最優秀を受賞したことがあります。平成30年には愛知県農業情報処理競技会において6連覇を達成しました。
○インターンシップ
 農業科・施設園芸科は農家実習、食品科学科は食品加工会社での現場実習、生活科学科は保育園での保育実習や福祉施設で介護実習等を行い、体験的な学習を通して、職業に対する理解を深めます。
○進路に応じた科目の選択
 進路に対応し、普通科目と職業科目の選択ができ、進学希望者は普通科目を多く学習できます。また職業科目の中でも、個人の興味・関心・進路希望に応じて科目の選択ができます。  
○充実した施設・設備
 電子顕微鏡装置、風力・太陽光発電を利用した温室、堆肥発酵装置、トータル測量システム等の施設・設備が充実しており、これらの装置を使って「農業の省エネ」等の研究をしています。また環境教育にも力を入れています。
○資格取得
 本校では多くの資格・検定試験を受験し、多くの資格をが取得できます。このため多くの生徒が積極的に資格取得に挑戦しています。
○体験入学
 例年、10月下旬に体験入学を行っています。また、一部の部活動の体験を8月下旬に行っています。
○地域と結びついた学校
 本校の卒業生は一万余名を数え、渥美半島の農業経営者及び関連産業従事者として、この地域を支えています。さらに、優秀な農業経営者や農業技術者を多数育成し、地域の発展に貢献できるよう努力していきます。


ひとこと
本校は「聡明なる勤労精神」で人のために仕事のできる人を育てることを目指しています。
 五感をみがき、身体を鍛え、粘り強い精神を養い、地域社会の担い手を育てます。
 身体を使った実験実習とバイオテクノロジーや先端技術の習得もできる施設設備が整っています。
 国際的視野の育成のため海外派遣研修や各種の資格取得にも力を入れています。
 「21世紀は食料と環境の時代」といわれていますが、本校での学習は時代が変わっても大切な分野の勉強ができ、人間の生き方が学べる学校です。
 伸び伸びと部活動や農業クラブ活動をし、進学・就職の目標を達成してください。
詳細は学校ホームページをご覧ください。
卒業後の進路状況
区分 施設園芸 生活科学 農業 食品科学
28/3 29/3 30/3 28/3 29/3 30/3 28/3 29/3 30/3 28/3 29/3 30/3
進学 進学 14 12 13 16 17 16 12 12 11 11 15 11
合 計 14 12 13 16 17 16 12 12 11 11 15 11
就職 就職 25 26 26 22 19 22 24 26 28 29 23 29
合 計 25 26 26 22 19 22 24 26 28 29 23 29
総合計 39 38 39 38 36 38 36 38 39 40 38 40
 
トップページへ このページのトップへ 学科別高校一覧 群・グループ別高校一覧 特別支援学校一覧 教育委員会ホームページ