君の夢を見つける、県立学校検索サイト 探そマイ!スクール
 
愛知県立岡崎盲学校
http://www.okazaki-sb.aichi-c.ed.jp/

〒 444-0875
愛知県岡崎市竜美西一丁目11-5
TEL  0564-52-1282
FAX  0564-55-9431

※JR 岡崎駅より バス5分
※名鉄 東岡崎駅より バス14分
案内図
創 立 明治36年6月
教職員数 69人
生徒数  
区分 幼稚部 小学部 中学部 高等部 専攻科
6 2 7 8 5 28
1 7 7 4 3 22
7 9 14 12 8 50
学科  
普通科 、保健理療科
専攻科  
理療科

教育活動
○教育目標
校訓 自立 
 自立へ向けて 「努力は自信をうみ 感謝は和をもたらし 誠実はともに生きる道をひらく」
 視覚障害による学習上又は生活上の困難を克服して、強くたくましく生き抜く気力と体力を培い、明るく素直で、人を愛し人に愛され、心豊かに生活を味わうことのできる幼児児童生徒の育成を目指す。
 幼稚部:集団生活に慣れ、多くの生活体験を通して、思いやりをもって友達と協力できる心を育てる。
 小学部:障害に負けず活気ある行動力を養い、生き生きとした楽しい学校生活ができる態度を身に付ける。
 中学部:基礎学力の充実を図るとともに、障害に負けず人との交わりを大切にし、協調性のある生き生きと生活する態度を身に付ける。
 高等部:障害に負けない強い意志と、自立への気概を育て、個々の特性等に基づく主体的な学習を促すとともに他者を尊重する心を養い、思考力と自主性をいっそう高め、生涯にわたって継続的に学習する意欲や態度を身に付ける。
○教育課程
 幼稚部から高等部までの一貫教育で、一人一人の幼児児童生徒の実態に即した教育課程を編成し、各部の教育目標の達成を目指す。
○生徒指導
 幼稚部:身の回りの簡単なことがきちんとでき、心もからだもたくましい子に育てる。
 小学部:周りの人を思いやり、明るく伸び伸び、すこやかな心情を育てる。
 中学部:自律的生活態度を育てる。
 高等部:規律ある生活を送る態度を育てる。
○進路指導
 幼・小学部
身近にいる人々の職業に関心をもつ。
将来に対して夢や希望をもつ。
自分の役割や責任を果たそうとする態度を育てる。
 中学部
いろいろな職業に関心をもつ。
自己の性格や適性について考える。
自ら進んで進路を選択する能力を育てる。
  高等部
自らの在り方生き方を考え、主体的に進路を選択できる資質を培う。
視覚障害を克服し、職業を通して社会に寄与する意識を高める。
生徒個々の実態に応じた就労に必要な知識、技能を身に付ける。


部活動 部活動一覧
部活動は、琴部、音楽部、和太鼓部、パソコン部、茶華道部、スポーツ部、フロアバレーボール部があります。活動は週に1回で、少人数ながら活発に活動しています。また、年に1回、校内で活動の成果を発表しています。

学校の特色
○交流及び共同学習
 交流教育は昭和54年から始まり現在も続けられています。交流の内容は、交流校の授業に入って一緒に学習したり、文化祭などの行事に参加したりするものが多いです。幼稚部では近くの保育園と、小学部と中学部では岡崎市立の学校との学校間交流のほか、児童生徒の居住地域の学校との交流も行われています。高等部は、JRC部や点訳部のある近隣のいくつかの高校と交流が行われています。
○職業教育
 将来の自立に向けて必要な職業能力を習得するための教育を行う保健理療科と専攻科理療科があります。保健理療科は高等学校における職業学科に準ずるもので、中学校教育の上に高等学校普通教育及びあん摩・マッサージ・指圧に関する専門教育を行います。専攻科理療科は高等学校卒業以上の人を対象とし、あん摩・マッサージ・指圧、はり、きゅうに関する専門教育を行います。3年間の課程を修了すると、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師になるための国家試験の受験資格が得られます。国家試験の合格者は、治療院や病院・老人保健施設、一般企業に就職したり治療院を開業したりします。
○寄宿舎
 遠隔地等で通学が困難な児童生徒のために、寄宿舎が設置されていて、希望により入舎できます。寄宿舎には舎監、寄宿舎指導員がおり、自立に向けての生活指導等の指導を行っています。
○教育相談
 乳幼児に対しては、0歳から3歳未満の視覚障害乳幼児の養育及び教育相談を行っています。お子さんが障害を克服していくために、御両親や御家族がどのような配慮をしながら育てればよいかなどを一日も早く理解していただき、自信をもって療育できるように相談を行っています。幼児・小・中学生に対しては、現在の視力と目の病気に配慮しながら、見え方に応じた勉強のしかたや学習や生活で困っている点、中学校卒業後の進路について困っている問題などについて相談を行っています。高校生に対しては、前述の相談のほかに、あん摩師等の資格を身に付けたいと思っている高校生に対する進路相談も行っています。中途視覚障害者に対しては、将来の不安を取り除くため、自立に向けての点字指導や歩行に関する相談のほかに就学のための相談を行っています。


ひとこと
本校では視覚に障害のある幼児児童生徒に対して一般の幼稚園や小・中学校に準じた教育を行い、併せて障害に基づく学習上又は生活上の困難を主体的に改善、克服するために必要な知識、技能、態度及び習慣を養います。
 高等部の普通科では高等学校に準ずる教育を、保健理療科及び専攻科理療科では、将来の自立に向けて必要な職業能力を習得するための教育を行っています。

卒業後の進路状況
区分 普通 保健理療
28/3 29/3 30/3 28/3 29/3 30/3
進学 大学 私立   1 1      
上記以外   1 1      
進学 1         1
合 計 1 2 2     1
社会福祉施設等 在宅       2 1  
社会福祉施設 1 3        
合 計 1 3   2 1  
総合計 2 5 2 2 1 1
 
トップページへ このページのトップへ 学科別高校一覧 群・グループ別高校一覧 特別支援学校一覧 教育委員会ホームページ