君の夢を見つける、県立学校検索サイト 探そマイ!スクール
 
愛知県立豊橋聾学校
https://toyohashi-sd.aichi-c.ed.jp/cms/

〒 441-8141
豊橋市草間町字平東100番地
TEL  0532-45-2049
FAX  0532-47-7545

※豊橋鉄道 南栄駅より 徒歩11分
※JR 豊橋駅より バス20分
案内図
創 立 明治31年2月
教職員数 69人
生徒数  
区分 幼稚部 小学部 中学部 高等部
7 7 6 9 29
1 8 7 7 23
8 15 13 16 52
学科  
普通科

教育活動 主な資格取得
明治31年に開校し、平成10年度に学校創立100周年、平成30年度には120年目を迎えた歴史と伝統のある学校です。
これまで数多くの聴覚障害のある幼児児童生徒が本校で学び自己実現を達成してきました。
一人一人が基礎・基本を確実に身に付け、良さを伸ばし、自分の目標に向かってチャレンジする学校です。

@本校のコミュニケーションモードは基本的には自由であり、日本語や知識を一層確実なものにするために個に応じた言語メディアを一人一人が選択しています。
A交流及び共同学習を重視しており、地域と共に歩む学校です。また、カナダの聾学校との国際交流の実績のある学校でもあります。
B東三河で唯一の聾学校です。0歳からの乳幼児の言葉と聞こえに関する相談、小中学校への通級指導など、渥美半島の南端から新城・北設に至る広域における聴覚障害に関するセンター的役割を担っています。

教育目標                         
校訓「ことば豊かに 強く 明るく」のもと、聴覚に障害のある幼児児童生徒に対し、一人一人の能力や適性等に即した教育を実施します。そして、幼児児童生徒の社会的自立、自己実現の基礎となる能力や態度を育み、心身共に健康な人間の育成を目指しています。
 

校訓 「ことば豊かに 強く 明るく」

 ことば豊かに
 活発なコミュニケーションと言語力を育てる
 自ら学ぶ態度を育成し、学力の向上を図る
 思いやりの心と寛容な性格を育てる
 強く
 元気よく、強い身体に鍛え上げる
 障害に基づく困難を克服する
 力強く生きる力を育成する
 明るく 
 明るい笑顔で挨拶を励行する
 目標をもち明るく活動する
 幸福な人生を自ら開拓する


学校生活
聴覚に障害のある3歳からの幼児児童生徒が、幼稚部、小学部、中学部、高等部で学んでおり、各発達段階に応じて専門的に教育をしています。
「社会でたくましく生きる力」の基盤となる基礎的、基本的な学習の定着を図るとともに、体験的な学習活動を豊富に設定し、幼児児童生徒一人一人が「分かる」「できる」を実感し、自ら「やってみたい」という意欲に結び付けるよう工夫しています。体育大会や文化祭等の学校行事が全校で行われます。可愛い幼児から高等部生徒までの、バラエティーに富んだ、演技や発表があります。寄宿舎もあります。現在6名の生徒が寄宿舎を利用しています。


部活動 部活動一覧
中学部で設置されている部活動は、陸上部、卓球部、バレーボール部、体力づくり部、茶道部です。平成27年度より豊橋市中学校総合体育大会(陸上・卓球)に参加しています。愛知県中学校体育連盟に加盟しています。
高等部で設定されている部活動は、陸上部、卓球部、バレーボール部、体力づくり部です。
中学部、高等部ともに陸上大会、卓球大会、バレーボール大会を目標として日々活動しています。


ひとこと
本校は東三河地区全体を通学区域としています。学校は豊橋市の南部に位置し、愛知大学を始め、時習館高等学校、豊橋工科高等学校等がすぐ近くにあります。立地のよさを生かし豊橋工科高等学校とは交流及び共同学習を行っています。
高等部卒業後の進路は、大学、企業など,多方面です。映画監督として話題作を制作したり、指導的な立場で活躍したりしている卒業生もいます。また、障害を越えて世界へ目を向けるチャレンジ精神を育てるべく、海外の聾学校との交流や国際理解教育にも継続して取り組んでおり、同窓生や保護者、教職員OBなど、多くの方々がそれらの活動を応援しています。また、ユネスコスクールの認定を受け、ESD活動に全校で取り組んでいます。
卒業後の進路状況
区分 普通
30/3 31/3 2/3
進学 専修・各種学校     1
合 計     1
就職 製造業 2 2 1
合 計 2 2 1
社会福祉施設等 授産施設 1 1 2
合 計 1 1 2
総合計 3 3 4
 
トップページへ このページのトップへ 学科別高校一覧 群・グループ別高校一覧 特別支援学校一覧 教育委員会ホームページ