君の夢を見つける、県立学校検索サイト 探そマイ!スクール
 
愛知県立岡崎聾学校
http://www.okazaki-sd.aichi-c.ed.jp/

〒 444-2111
岡崎市西阿知和町字御用田1−23
TEL  0564-45-2830
FAX  0564-45-6248

※愛知環状鉄道 三河上郷駅より バス12分
※名鉄 東岡崎駅より バス20分
案内図
創 立 明治36年6月
教職員数 97人
生徒数  
区分 幼稚部 小学部 中学部 高等部
12 22 8 7 49
12 14 9 13 48
24 36 17 20 97
学科  
普通科

教育活動 主な資格取得
平成30年度の岡崎聾学校は、25学級97名の幼児児童生徒でスタートしました。最近10年間の卒業生の進路は、114名のうち54名が進学し、59名が就職しています。進路実現に向け「先輩の話を聞く会」等を企画し、早い時期から生徒本人、保護者の意識の高揚に努め、効果をあげています。
 スポーツ面では、東海地区聾学校の陸上競技、卓球及びバレーボールの各大会で毎年上位に入賞し、全国大会でも活躍が見られます。昨年の全国聾学校卓球大会では、女子団体戦で3位という輝かしい成績を収めました。
 文化面では、小学部・中学部・高等部の和太鼓部が地域の祭りや高文連の大会等で演奏し、その活躍が認められています。また、少年の主張、読書感想文コンクールなど、各種コンクールで入賞し、高い評価をいただいています。その他にも英語・漢字・文章・ワープロ・数学・コンピュータ検定などに多くの児童生徒が積極的に挑戦し、資格取得と自己の能力アップを目指しています。
 交流及び共同学習では、幼児児童生徒がそれぞれ地域の園や学校と交流を行っています。幼稚部は、近くのレオナ第二幼稚園との交流が10年目を迎え、年々交流が深まってきています。小学部は、学校間交流として岡崎市立恵田小学校や岩津小学校と山の学習(野外活動)、落ち葉スキー、交通教室、ふれあい集会等を行っています。中学部は、岩津中学校とマラソン大会や部活動で一緒に汗を流し、交流を深めています。高等部は、福祉施設での奉仕作業を始め、地域清掃活動や地域交流センターでの手話体験講座など、多方面でのボランティア活動に積極的に参加しています。また、幼稚部、小学部、中学部では、居住地域での園や学校との交流及び共同学習も積極的に行っています。


学校生活
幼稚部では「いきいき遊ぶ子元気な子、ことば豊かな明るい子、なんでもアタックたくましい子」をスローガンに掲げ、子どもたちの育成を目指しています。遊びを中心にさまざまな行事や校内外での体験活動を基に個別指導、学級活動、合同活動、コミュニケーションモード対応活動を展開しています。小学部では「ときめく、かかわる、未来をつくる岡ろうっ子」をスローガンに基礎学力の育成、活発な言語活動の展開、心身の全面的発達の促進、基本的生活習慣の確立を指導の柱としています。中学部では「何事にも努力・挑戦し実力をつける中学生」をスローガンに確かな学力の育成、コミュニケーション能力の向上、思いやりのある豊かな心の育成を目指しています。高等部では「1UP(ワンアップ)」をスローガンに、個のもてる力を最大限に活用し、将来の夢に向かって道筋を考え、自分を変えていける「夢実現・高等部」を実践しています。


部活動 部活動一覧
小学部は、チャレンジ部として、高学年の児童が毎週金曜日に和太鼓や各種運動競技に取り組んでいます。和太鼓は、文化祭の発表や地域のお祭りに参加し、運動競技は、マラソンや卓球等の練習を重ね、体力・技量の向上に励んでいます。
 中学部・高等部の部活動としては、運動部は、陸上競技、卓球、バレーボールがあり、文化部は、茶華道、和太鼓、アート、そして検定などに取り組む進路探求部があります。対外的には、聾学校の東海大会などで好成績を収め、全国大会への出場を果たしています。また、岡崎市民大会や高体連、高文連などの大会へも積極的に参加しています。

学校の特色
岡崎聾学校には、幼稚部(乳幼児教育相談を含む)・小学部・中学部・高等部の四つの部があります。乳幼児教育相談は「親子の豊かなコミュニケーション」を目標に掲げ、楽しい遊び・豊かな体験をもとに子育て支援を行っています。幼稚園・保育園に在籍する聴覚障害児の相談も行っています。幼稚部は3歳から5歳の子どもが通う「聞こえと言葉の幼稚園」です。個に配慮した指導を基本とし、遊びを中心にした総合的な活動を笑顔いっぱいに展開し、言葉の力や周囲に自分から関わろうとする「生きる力」の基礎を備えた子どもを育成します。小学部では、小学校の学習を進めながら、自立活動の時間や各教科学習等学校生活全般で、障害にかかわる課題(聴覚活用、発音、コミュニケーション、障害認識)に対して指導しています。また、田植えや稲刈りなどの米作り活動、工場見学等の体験活動を大切にしています。児童会レクリエーション、生活発表会等児童会での異学年編成による縦割り活動では、集団としての力、助け合いの心、思いやりの心を育んでいます。中学部では、学力向上を目指し「分かる・考える授業」を積極的に実施し、個に応じた指導をしています。漢字検定、英語検定、数学検定などの検定試験にも積極的に挑戦しています。また「総合的な学習の時間」を中心に、自然体験、社会体験、ボランティア体験、交流体験、国際交流などの体験に基づく学習を推進し、自ら考え、実行する力や他人を思いやる心の育成を図っています。高等部では、個を基本とした学習指導を中心に、自立した社会人の育成を目指します。生徒は自らの可能性にチャレンジし、各種検定に挑戦したり、夏休み中の夏季セミナーで集中して学習に取り組んだりします。また、全員が行事や部活動等に積極的に取り組みます。さまざまな活動を通して、互いに切磋琢磨しながら自己実現に向けてがんばる生徒を育成します。卒業後は、県内の大学や筑波技術大学、聾学校高等部専攻科への進学、県内の優良企業等への就職など一人一人が夢を叶え大きく羽ばたいています。


ひとこと
本校は、明治36年6月に産声を上げました。平成15年の創立100周年を経て、長い歴史と伝統を踏まえ、着実に進歩・向上する聾学校を目指しています。西三河地域の聴覚障害児教育の中心として、保護者や地域の方々の期待に十分に応えることができるよう職員が一丸となって研さんに努めています。「ゆたかなことば・あかるい心・たくましいからだ」の校訓のもとに聴覚に障害のある幼児児童生徒に対し、障害の状態及び特性を十分考慮して幼稚園・小学校・中学校・高等学校に準ずる教育を推進しています。
 本校は「和をもって貴しとなす」をモットーに、子どもたち一人一人の個性が輝き、可能性が豊かに開く学校、また子どもたちが互いを尊重し、夢の実現を目指して知、徳、体をともに磨き合う魅力ある学校を目指しています。
卒業後の進路状況
区分 普通
28/3 29/3 30/3
進学 大学 国公立 1 1 1
私立 1 2 2
専修・各種学校 1   1
公共職業訓練施設 1 1  
上記以外 1   3
合 計 5 4 7
就職 製造業 4 3 5
合 計 4 3 5
社会福祉施設等 授産施設 4   2
上記以外     1
合 計 4   3
総合計 13 7 15
 
トップページへ このページのトップへ 学科別高校一覧 群・グループ別高校一覧 特別支援学校一覧 教育委員会ホームページ