君の夢を見つける、県立学校検索サイト 探そマイ!スクール
 
愛知県立岡崎特別支援学校
http://www.okazaki-sh.aichi-c.ed.jp/

〒 444-3505
岡崎市本宿町字古新田78
TEL  0564-48-2601
FAX  0564-48-7914

※名鉄 本宿駅より 徒歩10分
案内図
創 立 昭和38年1月
教職員数 169人
生徒数  
区分 幼稚部 小学部 中学部 高等部
0 43 21 24 88
0 27 9 20 56
0 70 30 44 144
学科  
普通科

教育活動
○教育目標
 校訓 「力の限りたくましく」
 明るく心豊かに生活できる学校を目指して、基礎的な環境整備に努める。また、児童生徒一人一人のニーズに応じた教育のために、授業をはじめあらゆる場面で合理的な配慮に努め、共生社会で豊かな自己実現を果たす人間を育成する。
◇ 児童生徒の学びの場としての環境整備に努める。
◇ 児童生徒の発達段階や障害に応じたキャリア教育を推進する。
◇ 校内の連携及び家庭、関係諸機関との連携を深め、教育の質の向上に努める。

○教育課程
◇それぞれの障害や能力に合わせて三つのタイプの教育課程を用意し、一人一人が持てる力や個性を十分発揮できるように工夫しています。

○教育活動
◇学習指導
・障害や能力に合わせた学習を用意し、児童生徒が主体的に学習を進めていけるように支援しています。
・一人一人の目標を明確にし、自らの力で課題が解決できるように努めています。
・障害の改善・克服をめざし、将来の自立につながる力を育てるため、「自立活動」の学習にも力を入れています。
・障害に伴う生活経験の乏しさを補うため、体験的な学習も重視しています。
◇進路指導
・職業的・社会的自立に向けて、職業教育や就業体験に力を入れると共に、一人一人に合った進路開拓に取り組んでいます。
◇交流教育
・本宿小学校、東海中学校、岡崎東高校、三谷水産高校と「ふれあい、学び合い」の交流を行っています。
・一部の児童生徒について、居住する地元の学校との交流を実施し、地域とのつながりを強めています。


学校生活
自分の課題をみつけ自分で解決していく力をつけることや、身の回りの事柄に能動的にかかわることで、生活をする力を育て、生活を豊かにしていく支援を心がけています。主な取組は次のとおりです。1体育大会(5月)、文化祭(11月)・・・自分の持てる力を精一杯発揮します。文化祭では児童生徒で実行委員会を組織して活動します。2委員会活動・・・縦割り活動の貴重な時間になっています。3キャンペーン活動・・・本校独自の「チャレンジウィーク」「人権週間」「読書週間」などを積極的に行います。優しさや思いやりについて考え、自己課題の発見の機会などにしています。


部活動
中学部、高等部で希望する生徒は授業後三つの部活動に取り組んでいます。
 スポーツ部は体育館で様々なゲームを行っています。肢体が不自由な生徒が楽しく取り組めるようなボッチャ、ベースボールゲーム、大玉を使ったサッカーなどに汗を流し、学年を越えた交流の中で自然と仲間意識やチームワークが育っていくようです。
 バンド部は視聴覚室を使って本格的なバンド演奏に取り組んでいます。それぞれが得意な楽器、ギター、ドラム、キーボード、パーカッション、ボーカルなどを練習し、11月の文化祭で発表できるように頑張っています。
 茶華道部は外部から講師を招き、本格的な点茶の知識を得て、礼儀作法とともに学んでいます。文化祭ではお茶の席を設けるとともに、生け花の作品を披露する場としています。

学校の特色
○スクールバス
 6台のリフト付スクールバスが知立、西尾、安城方面から学校まで運行しています。
○寄宿舎
 家から離れて生活する舎生が楽しく寄宿舎生活を送れるように寄宿舎祭りをはじめ誕生会、などの行事が行われています。
○教育相談
 障害のある子どもさんの適正かつ円滑な就学を図るため、7月と9月に体験入学を行っています。なお、教育相談は随時行っていますので、学校へお問い合わせください。
○保護者との連携
 夏休みに外部講師を招いて行う「おかようキャンプ」と毎月授業後行っている親子訓練の会は、PTAが主催して教職員も参加する動作学習です。また、PTA進路を考える会や進路講話など、保護者と学校が連携した活動を行っています。
○訪問教育
 色々な事情で通学することが困難な児童生徒の家庭へ教員が出向いて指導をしています。
○施設内教育
 愛知県三河青い鳥医療療育センターに入所する児童生徒に対し、センター内にある施設内教育「あおい学級」で学習を行っています。


ひとこと
○1963年1月1日設立
○本宿小、東海中、岡崎東高、三谷水産高との交流を実施
○情報教育の充実
○地域、医療・福祉機関との連携
○目標とする学校像
(1)児童生徒にとって「行きたい学校、楽しい学校」
(2)保護者にとって「安心して子供が送り出せる学校」
(3)教職員にとって「やりがいのある職場」
(4)地域の方にとって「応援しがいのある学校」
卒業後の進路状況
区分 普通
28/3 29/3 30/3
進学 進学 1    
合 計 1    
就職 上記以外 1 2  
合 計 1 2  
社会福祉施設等 在宅   1 1
上記以外 12 16 16
合 計 12 17 17
総合計 14 19 17
 
トップページへ このページのトップへ 学科別高校一覧 群・グループ別高校一覧 特別支援学校一覧 教育委員会ホームページ